個人情報保護方針

◎基 本 方 針

  株式社ホクシンラマナプロジェクト(以下「当社」と言います)は、個人情報保護法の遵守が重要課題であることを認識し、「個人情報を厳格に管理・保護した企業活動を行う」ことを基本理念とします。
 総合印刷業・情報処理業を通じ、データの加工等広く社会に貢献することをお約束いたします。その方針を明確にし個人情報保護の取り組みを行います。

1.個人情報保護についての取組み

  当社は、個人情報保護に関するマネジメントシステムを策定し、適切に運用するため、以下の活動を行います。
(1) 当社は、個人情報保護の重要性を社員一同が認識し、当社の事業目的を遂行する範囲内で適切に個人情報を取得し、取り扱い、その目的の範囲外での個人情報の取得・利用を行わないための措置を講じます。
個人情報の利用、提供を行う際も、事前に明らかにした目的の範囲内でのみ利用、提供いたします。また、利用目的の範囲を超える場合は、法令等に定めがある場合を除き、ご本人の同意を得ることとします。
(2) 当社は、個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範、及びJISQ15001:2006に準拠した当社の個人情報保護マネジメントシステムを遵守いたします。
(3) 当社は取得した個人情報を安全かつ正確に管理し、個人情報への不正なア クセス、個人情報の漏洩、滅失または毀損などの予防並びに是正を行います。
(4) 当社は、個人情報問合せ窓口を設置し、苦情及び相談が寄せられた場合には誠実かつ速やかに対応いたします。
  ※お客様の個人情報の問合せについて、お客様ご自身であることが当社にて確認できた場合に限り要請に応じます。
(5) 当社は、個人情報保護マネジメントシステムを策定するとともに、法令等の改正、社会環境の変化、情報技術及び事業内容の変化等に対応して、継続的に見直し、改善いたします。

2.個人情報の取扱いについて

1.利用目的
(1)取引先様の個人情報
 ・取引に関する連絡・協力・交渉・契約の履行・履行請求等
(2)協力会社社員様の個人情報
 ・取引先様への営業活動及び技術者紹介
 ・業務上必要な諸連絡・商談・契約・問合せ等
(3)採用応募者様の個人情報
 ・採用活動に関する応募者の確認
 ・面接等の連絡
 ・選考結果の通知
 ・入社準備に関する連絡等
(4)従業員及び個人事業主様の個人情報
 ・人事・労務管理、給与等支給及び管理、社会保険・税金等
 ・手続、従業員の健康及び安全管理、法令に定める手続等
(5)印刷業務に関わる個人情報
 ①名刺印刷・年賀状印刷・挨拶状等の総合印刷、および製本・デザイン・編集
 ②DMの作成及び宛名印刷・発送業務
 ③和凧のデザイン・印刷・製造・販売(1)取引先様の個人情報
 ・取引に関する連絡・協力・交渉・契約の履行・履行請求等
(2)協力会社社員様の個人情報
 ・取引先様への営業活動及び技術者紹介
 ・業務上必要な諸連絡・商談・契約・問合せ等
(3)採用応募者様の個人情報
 ・採用活動に関する応募者の確認
 ・面接等の連絡
 ・選考結果の通知
 ・入社準備に関する連絡等
(4)従業員及び個人事業主様の個人情報
 ・人事・労務管理、給与等支給及び管理、社会保険・税金等
 ・手続、従業員の健康及び安全管理、法令に定める手続等
(5)印刷業務に関わる個人情報
 ①名刺印刷・年賀状印刷・挨拶状等の総合印刷、および製本・デザイン・編集
 ②DMの作成及び宛名印刷・発送業務
 ③和凧のデザイン・印刷・製造・販売

2.第三者提供について
 当社は、あらかじめご本人の同意を得た場合を除き、取得した個人情報を第三者に開示・提供することはありません。
 但し、以下に該当する場合は事前の同意を得ることなく第三者に提供できるものとします。
 ①法令の定めに基づく場合
 ②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
 ③公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
 ④国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

3.個人情報の外部委託について

 当社は利用目的の達成に必要な範囲内において外部業者に個人情報の取り扱いを委託する場合があります。ただし、この場合には、十分な保護水準を備えている委託先を選定し、秘密保持を始めとする契約を締結し、当社の個人情報取扱い規定に準拠した適切な保護がなされるよう、必要な措置をとります。

4.個人情報をご提供いただけない場合
 個人情報をご提供いただくことはあくまで任意ですが、ご提供いただけない場合、当社のサービスのご提供、お取引等が実施できない場合があります。

5.開示対象個人情報の開示等請求及び問い合わせ窓口について
 当社は、保有している開示対象個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加又は削除、利用の停止・消去及び第三者への提供の停止(以下、開示等という)についての請求に応じます。但し、以下に該当する場合は、開示等の対象としておりませんのでご注意下さい。

※開示等請求対象外となる場合
①本人確認が出来ない場合
②代理人による請求で、代理権が確認出来ない場合
③所定の開示等の対象が「保有個人情報」に該当しない場合
④業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
⑤当該個人情報の存否が明らかになることで、本人又は第三者の生命、身体又は財産に危害が及ぶおそれがある場合
⑥当該個人情報の存否が明らかになることで、違法又は不当な行為を助長し、又は誘発するおそれがある場合
⑦当該個人情報の存否が明らかになることで、国の安全が害されるおそれ、他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれたり、交渉上不利益を被るおそれがある場合
⑧当該個人情報の存否が明らかになることで、犯罪の予防、鎮圧又は操作その他の公共の安全と秩序維持に支障が及ぶおそれがある場合
⑨業務委託に際し、顧客より提供されたもので、そのデータについては当社に開示等の権限のない場合

開示等の請求手順および開示等の請求で当社が集めた個人情報の利用目的
(1)利用目的
   開示等の請求手続の中で取得した個人情報は、当該手続きのための調査、ご本人ならびに代理人の本人確認、及び請求への対応に必要な範囲でのみ利用いたします。提出していただいた書類などは、回答終了後に、速やかに返却いたします。
(2)ご提出頂く書類
  ・個人情報開示等申請書(こちらよりPDFをダウンロードいただけます)
  ・個人情報開示等対応依頼書(こちらよりPDFをダウンロードいただけます)
  ・本人確認書類
   運転免許証・パスポート・健康保険証・学生証・社員証・住民票のいずれかのコピー
  ・代理人の本人確認書類、委任状 (代理人が請求する場合)
   ※本籍地の情報は塗りつぶしてお送り下さい。
(3)手数料
   開示等の請求手続きの手数料は頂きません。
(4)方法・送付先
   当個人情報開示等申請書に必要事項を記入し、必要な書類を同封の上、次の宛先まで、書留、簡易書留、配達記録等、配達の記録が残る方法によりお申し込み下さい。回答は、本人限定受取郵便(特例型)で送付いたします。

◎個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ先

株式会社 ホクシン ラマナプロジェクト
個人情報保護管理者 システム課 課長

〒001-0921 札幌市北区新川1条5丁目1‐5
TEL.011-764-2531(平日:9:00~17:30)
FAX.011-762-9005(24時間受付)

2009年4月1日制定
2010年6月22日改定(第4版)
株式会社 ホクシンラマナプロジェクト
代表取締役 齊藤 祥徳

◎認定個人情報保護団体について

当社に対する個人情報の取扱いに関する苦情については、当社の加盟する下記「認定個人情報保護団体」に解決を申し出ることが出来ます

認定個人情報保護団体の名称
一般財団法人日本情報経済社会推進協会

苦情の解決の申出先
個人情報保護苦情相談室

住所
〒106-0032
東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
電話番号03-5860-7565または0120-700-779

※当社の商品・サービスに関する問合せ先ではございませんのでご注意下さい。

ページの先頭へ